第一回のの自主勉強会が終わりました

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今、新型コロナウィルス騒動後から、初めて実施した滋賀漢方鍼医会ベースの自主勉強会が終わりました。
 やはり実技をして鍼灸師の勉強は「なんぼ」であり、情報交換もメールのレベルとは格段に違います。ネットサウンド講義も普段では伝えられない情報量を届けられてはいるのですけど、即時フィードバックがないのです。
 午後から手法の実技をしていて、ていしんを逆さにしての瀉法というのがこれほど身体を動かすものだという認識がなく、「補中の瀉」が理論だけのものだとすぐわかってしまいました。脈にしか着目しておらず、全身変化を基準にしていないことがすっぐに分かります。それで実際の治療となり邪気論で治療すべきとなったとき鍼を逆さにしての瀉法を喜んで試したのですけど、これが予想外の空振り。今の所仮説ですが、渋滞には営気の手法で充満には瀉法なのかもと思っています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.myakushin.info/everyday/mt-tb.cgi/7127

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このブログ記事について

このページは、院長が2020年6月28日 17:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「これから自主勉強会」です。

次のブログ記事は「自主勉強会を終えて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。